カテゴリ:素敵な場所( 17 )




1月のイギリス出張

ものすごくご無沙汰ぶりのブログです。
1月からこの5月まで、もう本当にジェットコースターに乗ってた?
ってくらいめまぐるしい日々。
職場が異動になったってことや拠点が動いた(×2回)とか、
海外転勤の話も出たりひっこんだり、
2ヶ月間くらい兼務をしていて、新しい仕事がぐっちゃぐちゃの混乱状況、とか
そしてあの未曾有の大震災とそれに伴う大混乱、などもあり。

このGWはようやく心安らぐ日々を送っています。
デジカメの画像をようやくPCにアップロードしました。
1月のイギリス出張のお土産画像を発見〜。
ほんの数日、イギリスに出張したのですが、
あまりゆっくりお買い物もできず、ハロッズでいわゆる「お土産物」を
集中的に買っただけ。
e0018777_12462473.jpg

ハロッズベアです。
e0018777_12484463.jpg

jo maloneのコロンとモルトンブラウンのハンドウォッシュも買ったんだった。
このjo maloneはパッケージも開けてない。。。
ネクタリンブロッサム&ハニーと、グレープフルーツの香りを買ったような?
記憶がおぼろげ。
e0018777_12515216.jpg

ロイヤルバレエを観たのはとっても素敵な想い出。
桟敷席が取れたので、お姫様気分でバレエ鑑賞できました。
2004年のローザンヌバレエコンクールでスカラシップを取った子が
ペザントで出ていて、堂々とした踊りに感激。
e0018777_12564519.jpg

大英博物館は、ほんのちょこっとしか行けなかった。
時間がなくて。ゆっくり観たかったな。
e0018777_132497.jpg


UKは初めて訪れたんだけど、ほんとうに素敵で。
街並すべてが芸術品みたい。どこを切り取っても絵になる風景。
住んでみたいなぁって心から思いました。
次はいついけるかな。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2011-01-15 12:40 | 素敵な場所

Wedding Party at Ristrante ASO

e0018777_12165355.jpg

この結婚式は、すでに2週間前のお話。。。
11月12日だったかな。
もう今日は11月20日だもんねぇ。
仕事が忙しくて生活がめちゃくちゃになり、ブログを書けませんでした。

代官山のリストランテASOは、以前一度だけ訪れたことがあります。
個室でいただいたイタリアン、美味しかったなぁ。
e0018777_12245764.jpg

花嫁側の出席です。
今回もスピーチが、、、。大変だった。。。
今回は黒いドレスときらきらの黒いレースのボレロで出席。
髪はくるくる巻いて編み込み&アップにしてもらいました。
花嫁は笑顔ですばらしく美しく、
ダンナさまは細身で見た目が若いんだけど、
証券界のエリートで、口を開くとものすごくしっかりしていて男性的。
最後のスピーチが素晴らしく、すっかりファンになってしまった。
お幸せに。。。
e0018777_12282475.jpg

お料理も美味しかった。
このパスタ以降の写真を撮るのを忘れた。。。
e0018777_12313557.jpg

大学時代、室内楽のサークルで知り合ったとのことで
花嫁と花婿を交えた生演奏が披露されました。
e0018777_12325273.jpg

引き菓子。
e0018777_12334199.jpg

引き出物でいただいた食器。
プラチナ飾りがきれい。

ところで、最近すっかりエクササイズもお手入れもさぼっています。
3ヶ月目、やや飽きたかな〜という感じ!
ただ、食事は気をつけているので、どんどん体重は落ちてきています。
いま、4キロ減くらい。
おととい、やっかいな仕事が終了したので、
今日からまた気合いを入れ直します〜!
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2010-11-20 12:19 | 素敵な場所

沖縄バカンス

e0018777_21304257.jpg

今年も夏休みは沖縄で過ごしました。
家族といっしょ、リラックスした数日間。
毎年、カヌチャリゾートホテル&ヴィラズに宿泊します。
今年で4年目になるので、最初はザ・ブセナテラスを予約していたのですが、
コネクティングルームを押さえられるかはっきりしないことと、
姉が「ブセナは子連れに冷たい」という話を聞き込んできて、
また今年もカヌチャになりました。
カヌチャは、お部屋の広さが70平米近くあって、1部屋で
大人4名・子ども3人がゆったり泊まれるのです。

リゾート内は、広大な敷地内をカートを運転して移動します。
いくつものレストラン、ゴルフコースやガーデン&シーサイドプール、
プライベートビーチ、エステサロン、
マリンリゾートツアーや陶芸体験などなど、
あらゆる施設やサービスが充実していて、ホテルの中だけで
十分、楽しんで過ごすことができます。

1日目。
朝の便で那覇空港へ。
到着したら、さっそく!DFSでショッピング。
やっぱり、コスメがお安い〜。オリジンズなどでいくつか購入。
夜はホテル敷地内のレストランで郷土料理。
海ぶどう、豆腐よう、ゴーヤチャンプルーなどなど、
大好きな沖縄料理をオリオンビールでいただいて、ご機嫌。

2日目。
シーサイドプール&プライベートビーチで1日過ごしました。
ビーチで貝を拾ったり、ヤドカリをつかまえたり。
水着でパターゴルフをやったり。
プールサイドバーでいただくビールやかき氷が
瞬く間にぬるく、溶けていく。強烈な、猛烈な暑さ。
じりじり、焼けつくような日差しのなか、
日焼け止めを塗ったんだけど防ぎきれず、かなり日焼け。。。
大騒ぎしながらお風呂に入ってさっぱりしたあと、
夜はホテルのレストランでイタリアンを。

3日目。
午前中はクジラ島へ、船でお出かけ。
ホテルから20分ほどの無人島なんだけど、
驚くほど美しい、遠浅の珊瑚礁の海が広がります。
透明な海水、シュノーケルで潜ると青や黄色の熱帯魚が。。。
ニモがいた!と甥っ子たちも大興奮でした。
午後は毎年恒例、読谷村にある、大嶺 實清さんの工房へ。
大嶺さんご本人がいらっしゃって、いろいろお話できました。
著名なデザイナーの浅葉克美さんといっしょに、
祈りの痕跡。展という展示会に取り組まれたお話など。
この展示会のポスターの家の形の陶器は、大嶺さんが焼かれたそうです。
e0018777_2225515.jpg

大嶺さんの工房は緑に囲まれた素敵な古民家です。
風が吹き渡るテラスで果物やコーヒーをいただきながら
ゆったり、過ごす時間はほんとうに格別。
今年もたくさん、素敵な陶器を手に入れました。
撮影したら、また別の日記でご紹介しますね。

最終日。
e0018777_22302363.jpg

じりじり照らす酷暑のなか、世界遺産、首里城へ。
お昼は、首里の沖縄そばのお店、しむじょうへ。
あっさりしたスープの上品な沖縄そばと、沖縄ぜんざいをいただきました。
沖縄ぜんざいとは、金時豆の甘露煮と白玉だんごの上にかき氷が乗った
「白玉あずき」のようなかき氷のことです。
ふわっとした氷に、甘過ぎない煮豆がマッチして、とーっても美味しい!
夕方の飛行機で東京へ。

ホテルで過ごす時間が長くて、
あまり観光をしなかった4日間の旅行でしたが、
のんびり、とってもリラックスできました。
4年連続の沖縄旅行、両親は「来年は別のところに行かない?」って
言ってるけど、わたしは沖縄が好き!
来年はブセナに泊まりたいなぁ。。。って思います。

追記:
アトランティアンさんへ。しむじょうの沖縄ぜんざいです。
もう一度食べたいなぁ。。。。

e0018777_1374235.jpg

[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-08-02 22:48 | 素敵な場所

L'osier〜ミシュラン星3つレストラン

2008年の2月ごろから、ミシュランレストランにはまってしまって、
いくつかのお店を訪れました。

★星1つ・・・
レストランナルカミ
南青山ランベリー(ランチとディナー、計2回)
ガストロノミー フランセーズ タテルヨシノ
★星2つ・・・
リストランテASO
★そしていよいよ星3つ・・・
ロオジエです。

先週訪れた、ロオジエ、ゴージャス某氏の発音によると
ロジェもしくはロオジェのレポートです。

ロオジェは、現代のフレンチの最高峰と言われるレストランです。
1973年開業と歴史は古く、ただ名声が大きく上がったのは
98年にジャック・ボリーがシェフをつとめてから。
その後2005年にブルーノ・メナールに代替わりをしています。
内装は、ジャポニズムの影響を受けたアールデコと
モダニズムの融合と言われ、
どこか懐かしさも感じるエレガントな空間です。
40人のお客様を迎えるために45人のスタッフが働く、
ちょっとそこらのレストランとは格が違うグランド・メゾンなのです。

わたしたちの席のとなりには、
100本もあろうかという真っ赤な薔薇の花束を持った若い美女が
おじさまとお食事をしていました。
上品なひとたち、大人の空間。
ううむ、かなり緊張してしまいました。。。

e0018777_1811446.jpg











写真が変でごめんなさい!
結局デジカメを持って行くのを忘れ、携帯での撮影です。
しかも、途中で電池切れをしてしまい、
最後のプレートまで撮影できませんでした。
まずはアミューズです。フォアグラのシューや
赤いぱりっとしたコーンに入ったムースなど。
(時間がたってしまったので、記憶がおぼろげです。。)
赤い薔薇の花びらに、ガラスの粒が飾られていました。

e0018777_18163439.jpg















オードブルの1品目です。
これは、なんだっけ。。。?やばい!本当に忘れてしまいました。

e0018777_18202510.jpg















オードブル2品目です。
これは覚えています。白いふわふわの下に、うにとキャビアが
どーっさり隠れていました。お花は、エシャロットの花?だったかな。
ちいさなふわふわのブリニと、左上にちらりと写っている
薄いパンがついていて、それに載せていただきます。

e0018777_18224467.jpg















夏らしいソラマメの冷たいスープ。
底のほうに、なにかが入っていて、混ぜることでまた違った味わい、
だったような。うーーむ!本当に忘れています。スミマセン。

e0018777_1824647.jpg















お魚は、伊勢エビです。
バターソテーした美味しい伊勢エビ。
このころから、そろそろお腹がいっぱいで、全部食べられない私。。。

お肉の写真は撮れませんでした。電池切れで。。。ごめんなさい。
素晴らしい柔らかなお肉でした。
その後、チーズを食べて、デザートが鬼のように出ました。
(デザートワゴン、ワサビのソルベ、プチフールなどの3回攻撃)
シャンパン、白ワイン2種類、赤ワイン1種類が選ばれましたが、
おそろしいことに、赤ワインがシャトーマルゴーでした。
もちろん、はじめていただきました。素晴らしかったなぁ。
花束を抱えたときのような、圧倒的な華やかな香りが
グラスから立ち上り、強い印象を受けました。

さてさて、このロオジエ。
わたしにとっては、お料理すべてが少し重たく・・・
実は、それほどお料理に感動を覚えなかったのです。
(だから詳細を忘れた)
ロオジエが提供するのは、
本当の意味の、本場のフレンチなのでしょう。
ナルカミやランベリーから受けた、日本の若いシェフの
軽やかな感性のほうが、フレンチに慣れないわたしには
親しみやすく、美味しいと思えました。

まさに、豚に真珠。
ああもう、本当にもったいないです。
あと10年後、20年後、成熟した大人になったら、
ロオジエを落ち着いて味わえるようになれるのでしょうか。
分不相応なお店、というのが存在することを、
しみじみと知ってしまった経験でした。

次のダイヤの会は、カンテサンスを予定しています。
予約が取れず、四苦八苦していますが、さてどうなるでしょう?
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-06-22 17:51 | 素敵な場所

5月のダイヤの会

e0018777_1303479.jpg

4月に発足したダイヤの会。。。。
今月はゲストをお迎えしつつ、リストランテASOにお出かけしてきました。

ゲストは某企業のオーナー社長のかた。
いわゆる「ニューリッチ」と言われる階層の男性です。
初対面、友人からの紹介。
ふしめのお誕生日をお迎えになったので、
「人生の折り返し地点」ということで、女性ばっかりで囲んでみました。

リストランテASOはひらまつ系のイタリアンです。
ミシュランでは★2つ。
はじめて行ったんだけど、内装が豪華でサービスはフレンドリー。
お料理は工夫が凝らされていて驚きや楽しさいっぱい。
なかなかのものでした。
ただ少しお値段は張ります。。。記念日などにはうってつけかも。

今回、話題は輪をかけてグローバルかつゴージャス。。。
ドバイでフランクミュラーご本人と待ち合わせて特注の時計を受け取る話、
(※修正前、パテックフィリップ、、、と間違えて書いてしまいました!
恥。。。。自分でも、なんだか怪しいな?と思って調べたら、
パテックさんとフィリップさんは2人の別々の方で、
しかも19世紀の人。。。当然もう2人とも亡くなっていました。。。)
50畳のリビングのある南麻布のご自宅を、
イタリア家具を特注してどのように装飾したか、
ご自宅のカウンターで銀座久兵衛の職人さんが
お寿司を出張して握ってくれるお話、
最近購入された赤いフェラーリの話、別荘、クルーザー、ゴルフ、エルメス、、
・・・正直、話だけで胸焼けしそう、、、、と思ってしまったわたしですが
後輩たちは大興奮。目が♡(¥マーク?)になっておりました。

お食事は、おまかせのコースを選択。
アンティパスト3品、おさかな、お肉、そしてデザートの
ボリュームたっぷりのコースです。
チーズのムース、野菜のパスタ、お肉は子羊、
おさかなはなんだったかな。。?
胸焼けするゴージャス話に気をとられてあまり記憶が。。。。
くいしんぼうのわたしとしては残念。
でも、食べられるお花があらゆるお料理に散らしてあって、
とても美しかったことは印象的。お料理がきれい。可愛いの。
画像は、最後のお茶菓子です。
フラワーベースに、串に刺したくだものやクッキー、チョコレートや
ギモーヴが可愛くて、ついつい撮影してしまいました♪

6月は、ミシュラン★3つのロオジエに、ゲストの社長さまから
ご招待いただくことになりました。ロオジエ!!!
現代の日本の最高峰のフレンチです。
今度は記憶を確かに、日記に書けるようにしたいと思います。
デジカメを持っていってしまおう。

それにしてもこの週末は2泊3日のお泊まり研修。。。。
昼間はフィジカルトレーニング(ランニング、腕立て伏せなど)、
午後からチームに別れて架空の事業計画を立案、
最後は社長プレゼンもあるという最悪のプログラムに、
真っ暗な気持ちになっています。あーあ。。。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-05-23 02:00 | 素敵な場所

早くも夏の予定

e0018777_23395413.jpg














今週は寒かったですねぇ。
東京は3月中旬の気候、みたい。雨もしとしと。
いったいいまの季節はなに?って混乱するほどのお天気でした。
みなさま、風邪などひかずにお元気でしたか?
今週はお友達のおめでたいニュース(一部のかたはご存知の!)も飛び込み、
寒いけど元気なusagiでした。

さて、上の画像は、GW終盤にクルーザー遊びをしたときのもの。
去年に引き続き、義兄が知人からお借りした船におよばれしました。
義兄は、いつの間にか船舶免許を取っていて
(姉もその件、知らなかったらしい。。。なんだか怪しい。。。)
義兄の運転でのクルージング。
わたしもちょこっと運転させてもらったのですが(内緒)
お船の運転はかんたんですよ〜。ちょっとだけなら。。。。

この原油高の時期には贅沢なお話。
東京湾のハーバーから金沢八景のシーパラダイスまで、
100万円近いガソリン?代がかかるんですって。
ヨットそのものも、なんと、4億円のお船だそう。
うむむ、贅沢です〜!
オカネモチの義兄知人に感謝!!

e0018777_23462695.jpg














金沢八景のシーパラダイスで撮影したペンギンさんです。
サピックスやらスポーツ習い事やらでusagiの10倍多忙の
最年長甥っ子ちゃんと久しぶりに遊べて嬉しかった。
歩いて5分のところに住んでいるのだけど、なかなか会えないの。
最近の小学生ってほんとうに多忙です。。。。涙
久しぶりの邂逅に、くっつきあってべたべた♪
鬼の教育ママン(わたしの姉)にいつも引き裂かれているけれど、
心底愛し合うわたしたちです。

この夏も、家族と恒例の沖縄旅行に行く予定。
そろそろ予約しなくちゃです。石垣がいいかなぁ?
寒いけれど、気持ちは夏、のusagiでした。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-05-15 23:58 | 素敵な場所

花園飯店 上海

e0018777_22173587.jpg














月曜日に、上海出張に行ってきました。
上海は3回目。(仕事でははじめてです)
1回目2回目は上海在住の友人の自宅に泊まったので、
ホテルに宿泊するのは今回がはじめて。
選ぶ余地はなく、会社が選んでくれた
Okura GardenHotel Shanghaiに宿泊。
1920年代に建てられた、租界時代の象徴ともいえる旧フランスクラブ
という古い建物をそのまま残した、エレガントなホテルでした。

e0018777_1592544.jpg














お部屋は広々〜としたツイン。
最近の日本のゴージャスホテルとは比べ物にならないけど、
品のいい古めかしい調度にふかふかなベッド。
気持ちよく過ごせました。

e0018777_15104355.jpg














窓から見下ろした景色。上海はここ数年でどんどん発展して、
洗練されてきています。レストランなど、「ここが中国!?」ってくらい
素敵なところもあります。エリアによっては、
日本に負けないくらいお洒落です。

でもお土産は、「これ!」ってものはないのよね。
今回は自由時間もほとんどなくて、
ホテルのショップでちょこっと買っただけ。
下の画像はANNABEL LEEのシルクの布小物。
ティッシュボックスケース、文庫本カバー、ポーチを購入。
我が家のティッシュボックスには、ぜーんぶこの
アナベル・リーのシルクのカバーがかかっています♪
シルクの光沢が上品。
そして、色が綺麗で刺繍がうつくしいの。

e0018777_15213856.jpg














シルクといえば、最近以前購入したシルクのスリップ
夜寝ているのですが、本当〜に気持ちいいの。
軽くて、肌触りがすべすべで。。。。
ANNABEL LEEにもシルクのパジャマがあったのですが
デザインがいまいち気に入らず、購入しませんでした。
いつか、IKUKOのシルクのパジャマが欲しいなぁ。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-04-13 15:05 | 素敵な場所

ミシュランレストラン 南青山 L'embelier

e0018777_2291339.jpg














プロジェクトの終了お祝いで、ミシュラン星1つレストラン、
南青山のランベリーにお出かけしました。

いまとても人気のある、勢いのあるお店。
知人がオーナーの山田さんと知り合いという縁もあって、
山田さんを紹介していただき、お席もスムーズに確保。
素敵なサービス盛りだくさんで、とても親切にしていただけました。

MenuはPassionというシェフおまかせコースに、
スペシャルメニューを加えていただいたもの。
お料理があまりにも美味しくて、
小食のわたしが、ひとつも余さず、コースすべてをたいらげました。
(これって、、、、本当にめずらしいことなんです。。。)
一皿一皿の印象が鮮烈。
「美味しい!」という驚きの声がつい出てしまう。
でも、次のお皿が出ると、前のお皿の印象を引きずらない。
美術館で名画を次々に眺めるような陶酔感を味わえました。
う〜ん、フレンチって奥深いなぁ。
これまで、「フレンチは重たい」と敬遠しがちだったけど、
なんだかはまってしまいそう。

アミューズはぱりっとした薄い皮(野菜のピュレを乾燥させたもの)に
果物のスフレやクリームチーズ、フォアグラのテリーヌをくるんだもの。
口の中でさく、ふわっとはじけるように消えていきます。
軽やかで、う〜ん、まるでバレエの幕が開く前の、
オーケストラボックスの音あわせを聞いているようなわくわく感。

オードブルは2品。
冷たいオードブルは新鮮な貝とワサビ風味のトマトのムース。
ヴィネガーのソースに山菜添え。
さわやかで、春の息吹をそのまま体に入れてしまうみたい。
温かいオードブルはホワイトアスパラガスと毛ガニのソテー。
アスパラの穂先にさくっとした焦がしバターが振りかけてあって、
口に入れると「!?」って驚きが。
パスタのほうに細くほぐれるアスパラを、
フォークでくるくるして食べるのが楽しい。

パンもあまりにもすばらしくて、
「これは自家製?」と質問したところ、
イタリアから半分醗酵させた冷凍のドゥを輸入し、
日本で再度醗酵させてから焼き上げるとのこと。
外はパリ、中は粘りのあるしっとり感。

スープはキノコと春キャベツのクリームポタージュ。
楕円形の地鶏のムースが真ん中に浮かんだ、小豆色の一品。
滋味のあるスープには、黒いキノコ’モリーユ’が浮かんでいて
しこしこした食感を楽しめます。
ムースをスープに絡めていただくと、また違った味わい。

お魚は、なんだったかな?白身の天然魚。
しっとりした新鮮な白身魚に、網の脂をかぶせてある。
空豆のソースが美しくて春らしい。
どこまでも上品で、軽やか。

お肉は佐賀牛の炭火焼。
とっておきのフィレを準備していただきました。
こんな美味しいお肉って!?って驚いたほど、柔らかでしっかりしたお味。
ソースがまた素晴らしくてパンで綺麗にお皿を拭いていただきました。
付け合せのお野菜が、一品ずつ違う味つけ。あくまで凝っています。

デザートは、1品目はスペシャルなお祝いプレート。
みんなでろうそくを吹き消して、盛り上がりました。
ヨーグルトのシャーベットとチョコレート。
2品目はパフェとオレンジのジュレ。
3品目は小さな3種のケーキプレート。3種類がそれぞれ違った味わい!
中でも素晴らしいのがクグロフ。
いまの季節だけの桜の花と葉が入った「桜のクグロフ」です。
これは逸品。紹介の労を取ってくださった知人にお土産として購入しました。
最後はコーヒー、そしてお会計のときは氷を浮かべたりんご酢が出ました。
飲み物はシャンパン、ロゼ、赤。
お会計は、1人だいたい2万円くらい。
ぜんぜん高い、と思えない、うっとりするような体験でした!
サービスも気取らず、とってもフレンドリーです。

今度はぜったいに彼と来よう、って思います。
南青山のランベリー。みなさまにも、強力おすすめしちゃいます!^^

e0018777_22443735.jpg
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-04-10 22:24 | 素敵な場所

内儀屋、Eldnacs、西麻布chianti

e0018777_2133499.jpg














10年来の友人がお誕生日を祝ってくれるということなので
西麻布までのこのことお出かけ。
リクエストしたレストランは大好きな内儀屋
和食のおまかせコースだけのこのお店。
スタッフも料理長も全員女性。どこか柔らかくて繊細でほっとするお味。
前菜は豚肉と日向夏のマリネ、あとなんだったかな?
お刺身はヒラマサと鯛。お汁はなんだったか、忘れた。
お魚は海老の湯葉巻き揚げ。
サラダが出て、お肉は梅肉味のステーキ。
ご飯と油揚げのお味噌汁、たっぷりのお漬け物が嬉しい。
デザートはなにかのムースだったような、、、、。
(あ、本当に私の最近の記憶力はまずいです。。。。)
お酒はビールのあと、白ワイン。
このお店、ワインの品揃えだけはふつう。日本酒をいただいたほうがいいかも。

食事の後のバーは西麻布のキャンティへ。
だらだらワインを飲みながら深夜までおしゃべり。
この、ながーい付き合いの友人は、
グラフィックデザイナーだけあっておしゃれな人なんだけど
わたしたちの話題も、以前と比べるとぐっと変化してきた。
おしゃれや流行の話題は影をひそめて、
病気と健康の話、住宅を購入するかどうか、
離婚のときの裏話(←わたしじゃなくて彼のほうね。)、
仕事の責任に対してリワードが少ない話などなど。

12時くらいまで飲んでタクシーで帰ったんだけど、
わたしが話しかけてるのに隣でぐーぐー寝てしまう友人。
以前はクラブで朝まで遊んだりもしたのに、ああもうお互いに年なのね。
ってなんだかしみじみ実感してしまったわ。

それにしても、「これ好きそうだって思って買ってきたお土産」
ってプレゼントしてくれたキャンドルが、以前わたしも買ってしまった
Eldnacsのものだったことには驚き。
やっぱり趣味はちゃんと把握してもらっているのね〜。
春らしい色合いを選んでくれたそう。どうもありがと。

友人は20代の美人で年収1000万以上の子を探して再婚したいそうなので、
彼の幸せをこれからも祈りたいと思います。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-03-30 13:10 | 素敵な場所

飛騨高山へ

e0018777_1613725.jpg














3泊めは、飛騨高山へ。
タラサ志摩には温泉がないので、飛騨では旅館に宿泊。
露天風呂つきの温泉、やっぱりこれがなくちゃ。。。。
飛騨は雪がざんざん降っていて、まさに雪国。
昨日は穏やかな気候の志摩にいたことが信じられないような気分。

e0018777_165960.jpg














外はこんなです。
ふつうの靴とスカート姿のわたし、滑って転びそうになりました〜。

飛騨高山も初めて行ったの。古い風情のある街並、
まるでタイムスリップしたみたい。
まだ雪が積もっていなかった、到着した瞬間の夕暮れの写真はこちら。

e0018777_23263147.jpg














立ち並ぶお店は、和紙の小物やさんとか、塗り物のお店とか、
骨董屋さんとか、喫茶店とかお菓子屋さんとか造り酒屋さんとか。
ひとつひとつ、覗いてそぞろ歩くのがとっても楽しくて。
素朴な手作りの木のスプーンとおしゃもじを買いました。

e0018777_23282872.jpg














翌日はもうこんな雪景色。
こちらは、入場料を払って見学できる、古い豪商のお屋敷です。

e0018777_2330899.jpg














天井が、こんな大きな梁でできているの。。。。素晴らしいでしょ。
お部屋の内部は古い飛騨家具がぎっしり。
素敵な陶器もいっぱいで、うっとり。

e0018777_23321283.jpg














e0018777_23335226.jpg














e0018777_23342229.jpg














とても寒かったけど、なぜか懐かしくて
心はぽっとあったかになる飛騨の冬でした。
楽しかった。また行きたいな。

さてさて、、、。昨日までで、ようやく全ての大掃除が終わって、
新しい年を始める準備ができました。
やっぱり新年をまたいでしまうと、しめきりがないからか
エンジンがかからなくて、のろのろしちゃったー。

バーゲンにもちょこっと行きました。
バーゲンの戦利品は残念ながらなかったけど、リュクスを買ったよ!
明日時間があれば、撮影してみますね。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-01-02 16:08 | 素敵な場所

ランジェリーフリーク(最近さぼりぎみ)なusagiのブログです。綺麗なものに目がなくて、自然なものもすき。飼いねこバニラを溺愛しています。最近はカラダのお手入れに凝っています。
by kawaiicheeky2004
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧