<   2007年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧




土曜日、日曜日

土曜日。

朝から花の入れ替え。
1月の5日か6日かに買って以来、新しくお花を買っていなかった。
白いラナンキュラスが出ていたので、とっても嬉しい。
ピンク色のフロリバンダ種の薔薇にひとめぼれ。
金曜日夜に持ち帰ったものを、
朝からフラワーベースにあれこれ悩んでアレンジメント。

e0018777_21334759.jpg
















e0018777_2134567.jpg
















すこし乱れ咲きのような、大人の女性らしい風情のカーネーション。
深いローズピンクが麗しい。
いちばんお気に入りのお花はやっぱり寝室に連れてきてしまう。

e0018777_21363856.jpg
















土曜日のお昼は実家で甥っ子たちと遊んだり散歩したり。
夕方から歯医者さんへ。
治療しながら、あれこれ話しかけてくださる陽気な歯科医さん、
話題は楽しいけど「あう。あう。」としかお返事ができなくて閉口。
夜は彼と近所のフレンチへ。
金曜日の出張で、とっても活躍できたという、
彼の仕事のがんばりをお祝いしてシャルドネで乾杯。
お料理は三浦港のお刺身サラダ、フィレ肉のロースト、
じゃがいものロースティたまごと生ハム添え。

日曜日。

11時ごろからがんばってお掃除。
キッチンのディスポーザーが詰まってしまったのを、
説明書とねじまわしとくびっぴきで修理、ちゃんと直った。
勢いついでに、キャビネットのとってが壊れて外れたのも、
接着剤でくっつける。女性ひとりで暮らしていると、
壊すのも直すのも自力、我ながらたくましいなぁ。。。。。
午後から両親の、冷蔵庫を買いに行く用事につきあう。
帰りにガーデニングショップを見つけて、
母がこのリースに一目惚れをしてしまい、まねしたいとのことで撮影。
なかなかすてき。
来週、薔薇の鉢の土替えと剪定をしましょうと母と約束。
いよいよ、春も間近です。

e0018777_21483961.jpg
















e0018777_21494182.jpg
















e0018777_21502197.jpg
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-28 21:50 | フラワーズ

お花の蠟燭立て

最近購入したキャンドルホルダーです。白い陶器製。
キャンドルホルダーが好きで、数えたらお部屋に9個あった。

e0018777_23403638.jpg

















蠟燭が燃えるさまというのは、
とっても美しい。レストランでもテーブルに蠟燭があると嬉しい。
いつかは暖炉のあるお部屋に住みたい。
イギリスの田舎で馬を飼って、狩りから雨に濡れて帰って来たら、
暖炉に火を入れるの。。。。(妄想スイッチオン!)

キャンドルの灯りだけでお風呂に入るのに憧れてます。
お湯に灯りがゆらゆら映って。。。
でも、実際には一度もやったことがない。
バスルームに薔薇の香りのキャンドルが常備してあるのに。

というか、キャンドルホルダーを買ってもほとんど使わないのです。
未使用の蠟燭がごろごろ。
火事が恐いからですね^^
勇気がないわたし。。。。。。そして、だったら買うな。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-26 23:41 | インテリア

最近の日常とハマリモノ

最近の日常のことなどの備忘録。

土曜日、
「新年会多すぎ。胃が疲れた。」と言いながら彼がやってきたので
おうちでまったり寄せ鍋。
いいお値段の生タラをふんぱつしてみたら、
ふわふわ、とろけるように柔らかくて美味しい。
春菊もお豆腐もおいしくて、やっぱり冬はお鍋だなぁ。

日曜日はご無沙汰ぶりのお友達とショッピング。
今年の冬休みこそパリに行こうという約束が固まる。
実現できますように。。。。初めてのパリ♪
お友達の仕事の重たい暗い話を聞いていたら、
だんだん自分も具合が悪くなってしまった。

月曜日、風邪でダウン。
14時間連続で眠り続けてしまった。。。。

火曜日、昨日のお休みのつけで仕事が厳しい!
夜は独りでオダキューOXで買った唐揚げお弁当。

水曜日、仕事の新年会。
ヒルズ族のみなさまたちと、鶏すき焼き。
いま流行のスピリチュアルの占いのかたとか、
ストッキングで御殿を建てた女性とかの噂話に花が咲く。
意外なお話に、へー、ほー、とあいずちを打ちつつ
お腹がよじれるほど笑う。

木曜日、気の張る接待。
昨日と一転して、学者の先生がたとフレンチのコース。
主な話題は「国際化社会における日本の教育のありかた」。
なにも考えずにあはあはと笑っていられた昨日がなつかしい。。。。
微笑みをたやさず、品よく、かしこく、話題をとぎれさせないように。
無理な集中をしすぎて、いまぶったおれそうに疲れています。

明日は金曜日。
朝、ひとつ会議をこなしてから、埼玉の某工場にひがえり出張の予定。
18時半に戻ってきてから、また会議。
ハードないちにち!がんばろう。

そうそう、そんな今日このごろの自分のはやりもの。
ぶたさん直伝の「叶姉妹のヨーグルト」を食べてから、
いろんなヨーグルトの食べ比べが自分の中ではヒットしています。

e0018777_23205867.jpg
















もうひとつの流行は「生しいたけ」。
最近の生しいたけって、なんですか?あれ。
ものすごーーくふっくら丸くてぷくぷく。分厚くて美味しい!
しいたけって、以前はもうすこしぺらぺらだったような。
足のところまで食べられるんですよね。
この美味しいたけを、できるだけシンプルに
味わう方法はないかな〜と考えたあげく、
「若布しいたけネギたまご胡麻うどん」というものを編み出したのでご紹介します。

おうどんをゆでつつ、別のお鍋で2カップお湯をわかします。
市販のインスタントワカメスープ(胡麻入り)をすかさず2袋投入!
さらに、ぷくぷくしいたけを1つを3分割に(つまり、超厚切り)したものを
9切れ投げ込みます。
ぐつぐつしてしいたけが柔らかくなったら、
お醤油をたらして味を整えてからさらに卵を入れて半熟に。
ゆであがったおうどんに、この「しいたけ&卵入りワカメスープ」をぶっかけて、
山盛りの万能ネギをたっぷり乗せてできあがり。

・・・・・失礼しました。ご紹介するまでもない単なるおうどんです^^

でも、しいたけからいいお出汁が出て、インスタントスープっぽさがなくなって、
さらに超厚切りぷくぷくしいたけとワカメとネギと胡麻が
とってもいいコンビネーションなのでした。
そして、めちゃくちゃ簡単です。(あたりまえです。うどんです。)
小腹の空いた深夜の夜食などに、ぜひおためしくださいませ。。。。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-25 23:31 | 美味しいもの

07年のインテリア計画

久しぶりにコンランショップを訪れて、
お世話になっているショップの方とお話しました。
とってもとっても感じのよい、優しくて親切な方。
センスも、人柄も、信頼しています。
まだまだ完成していない自宅のインテリア、
これからどうしましょう?というご相談です。

usagiの自宅は、1LDK。
LDKと、寝室、以上。というシンプルな(ええ、簡素な。)間取りです。

ダイニングに置いているのはガラステーブルと清水(キヨミズ)チェアー。
(清水の舞台から飛び降りるくらい高かった椅子のこと)
あまりにも分不相応で、3脚しか買えなかった。。。。
インドネシアオークのチェストもダイニングに置いてあります。
照明はレクリントのペンダント。

リビングは、麻布張りのソファと、
ガラスのコーヒーテーブル。
3つセットの小さめサイドテーブルに本棚。
フロアスタンドはフロスのもの。

ダイニングがちょっとさみしくて、壁ががらーんとしています。
ここに、もうひとつ本棚を置きたい。
そしてリビングには、オットマンがもうひとつ欲しいのでした。

ところで、
インテリアで大事なのって、「テーマカラー」をどう決めるか
ということだなぁと思う、今日このごろ。
プロのコーディネイトがじょうずなのは、色の使い方なんですよね。
LDKはコーディネイターのアドバイスで、
ベージュカラーに、差し色で深緑&オレンジ。
ガラスと木のテイストがルールです。

寝室はダークグレーにローズピンク。
フローリングじゃなくてカーペット。
ベッドもファブリック張りのもの。
冷たい要素がひとつもないように。
これは自分のこだわりで決めました。

ところが!
今回、久しぶりにコンランショップに行って、ちょっと頭が狂ったのか、
まったくルールと違う色の小物を買ってしまい、
「ああ、失敗した〜!」って頭を抱えてしまいました。

これがフラワーベース大人買いの図です。↓
透明ガラスはOkですが、この鮮やかブルー! 
好きな色だけど、どのお部屋にも合わなくて。
さっそく、収納に直行♪ という悲しい結末に。。。。

e0018777_2313880.jpg
















単体では素敵でも、お部屋全体にしっくりくるものを買う!ということを
念頭においてお買い物しないと。。。という悲しい教訓でした。

とはいえ、我が家のソファや椅子、そして当然クッションなどは、
カバーリングを変えることができますので、テーマカラーも固定ではないのです。
ショップの担当の方には、本棚&オットマンのチョイスとともに、
ひとまず初夏のクッションの選択をお願いしてきました。
(ファブリックを選んで、簡単にオーダーできるんです。)

クッションといっしょに椅子の張り地も変えようかな?
上の画像にちょこっと写っている、深緑色の椅子もカバーなので、
お色変更が簡単なのです。

これから、春そして夏。
少し涼しげにトルコブルー×焦げ茶はどうかな。とか、
大人っぽく、紫×黒×グレー?とか、
あれこれ、07年のインテリア計画を考えています。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-23 23:06 | インテリア

Aubade、日本到着?

e0018777_22463595.jpg















ブティックシーンさんに入荷していた。
Aubade2007ss第一弾、ヴィラ カリブ。マリアネリさん入荷ももうすぐ?
パレオの染めみたいなグラデーションのストラップが可愛いのです。

追伸:今日(23日)、マリアネリさんから入荷の連絡がありました!
今週末に引き取りに行ってきます。多色買いしないように注意します。。。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-22 22:47 | ランジェリー

KID BLUEの品質

新年、初のランジェリーはKID BLUEのキャミソール。
バニラ色にパステルトーンのお花もようのレースです。
甘い甘いデザインのキャミ。
すこし気はずかしいほどの少女趣味。。。。

e0018777_16503851.jpg
















e0018777_16515080.jpg
















わたしにとってキャミソールの使い道は広くて、
冬は防寒対策として、夏はお部屋着やパジャマ代わりとして、
季節を問わずに活躍します。
たいてい、お揃いのボトムスをいっしょに購入。

手洗いしなくちゃいけない繊細なものはNG。
がんがん洗濯機で洗うので、デイリー遣いのブランドを選択します。
一番たくさん持っているのはアリアンヌとKID BLUE。
でも、最近やっぱりKID BLUEはとてもいいなぁと思ってしまいます。
デザインはやややぼったくて、素朴な大人しいものが多いのですが
とにかく品質が抜群にいいと思います。

布地、縫製、仕上げの全てが高品質で丁寧です。
5年ほど前に買ったものなど、何百回となく水をくぐっているはずなのに、
よれもせず色あせもせず、糸がほつれたりもせず。
リボンすらぴんとしていて美しい。
もちろん新品同様ではなく、それなりに使用感は出てきますが、
よれ、とかぼろ、とかじゃない、いいかんじの使用感です。
いつも清潔に洗い上がって、型くずれせずにきちんと乾く。
ああ、いいものって本当にいいなぁと感動してしまいます。
ここまで丈夫だと、劣化するのがいつになるのか、想像もつかない。。。。

下の画像は、持っているなかで多分一番くらいに古いもの。

e0018777_16525677.jpg
















さすがにアップで見ると使用感はありますが。。。
だってたぶん6−7年くらい前のもの。
この長老キャミ、毛玉もできず、刺繍もほどけずに
ぴんしゃんしてます。長生きしてね♪

KID BLUEは、今回購入したケミカル素材のものより、
中厚手のコットンのほうが「らしくて」好き。
良質素材の、イノセントで品のいいデザインのキャミソールは
身につけるとほっとします。
いつまでも誠実なものづくりを続けてほしいブランドです。

下はセールになっていたもの。半額くらいでお買い得でした。
そのほか、コットンのベビーピンクのワンピース型寝間着を購入。

e0018777_16572882.jpg
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-22 21:28 | ランジェリー

スタイリッシュお塩。

パークハイアットのデリが好き!
美味しいものいっぱい、品揃えも新鮮で、わくわくしちゃう。

お塩の瓶が目に止まり、大人買い。
淡いピンク色のAndes Soltと湿った大粒のGuedande Salt、
そして真っ白な結晶状のTrapani Salt。
産地いろいろ、お塩ってなんだかものすごく魅力がある。

海のもの(お魚など)には海のお塩、
山のもの(お肉など)には山のお塩がいいみたいですね。

普段はドイツアルプスのアルペンザルツを使ってます。
使い比べてみよう。わくわく。

e0018777_20102522.jpg
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-22 20:11 | 美味しいもの

柚子ヨーグルト、梅ヨーグルト

マイミクのお友達、ぶたさんに教えてもらった。

叶姉妹が毎朝食べているという柚子ヨーグルト。
美容にいいのではないか!という期待が高まる。
「叶姉妹が・・・」というのはわりとわたしにとって殺し文句。。。。。
あと「NASAが開発」とかも。

近所のスーパーで発見した「ごぜんやま 柚子ヨーグルト」、
ぶたさん、usagiも3個いっき買いです!

e0018777_2121221.jpg
















ついでに隣に並んでいた「青梅がまるごと入ったヨーグルト」にも
惹かれて購入。美味しそう〜。
ビンのヨーグルトはわたしが一番好きな銘柄、
「べこの乳発 会津の雪」です。

別にいっぺんに買わなくてもいいと後で気がつきました。
腐る前に、今日からヨーグルトを毎日食べます♪

e0018777_21233352.jpg
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-19 21:25 | 美味しいもの

リュクスラインが化けた

Aubadeのリュクスラインはどうでしたか?
と、ブログに遊びにきてくださるお友達からメッセージをいただきました。

あ。。。、あれ。。。ですね。。。。なぜか絵に化けました。
リュクス用予算がいつのまにかこちらにスライドされました。

毎日、この版画をみるたびに
「これ、リュクスラインのかわりなんだよねぇ」と心につぶやいてしまいます。

e0018777_2326695.jpg
















e0018777_23264332.jpg
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-16 23:26 | インテリア

400年前の陶器

東京ビッグサイトで行われた、骨董ジャンボリーというイベントに
両親と3人で行ってまいりました。
ひさしぶりの骨董市。わくわく。

姉も妹も興味がなくて、
両親の骨董好きにつきあうのは、姉妹のなかでもわたし1人。
年に1−2回くらい、親子3人で仲良く骨董探しの旅に出ます。

骨董のイベントは、決めていることは、予算。
2万円を超えるのはNG。
予算以内で、どれだけおもしろいものが買えるのか、
ぶらぶら歩いてときどき熱心に眺めて、
店主に質問したり、いろんな蘊蓄をうかがったり
お客のおじさまおばさまや、外国人を眺めたり。
「2万円はイベント代」みたいな気持ちでめいっぱい楽しみます。

父はいつも鉄砲玉のようにどこかに行ってしまって、
最後までめぐりあえない。
母とはいっしょにぶらぶら。
見つけたものについて意見をたずねあったり、
ときどきはぐれたりしながら
3人3様で好きな骨董を探します。

今回の母の獲物は、
幾何学模様が美しい、菱形の江戸印判の小皿と、
オールドノリタケのデミタスカップ&ソーサー。

父は明治くらいの時代の酒器セットを購入、
(母とわたしから「そんなの骨董じゃない。古物よ」
と大批判されてしょげていた。)

わたしは、今回は和ものじゃなくて、アジアなものを探したい気分で
清代/明代のものやスンコロクをあれこれ見ました。
そして今回見つけたのは、4センチ〜6−7センチくらいの高さの
3つの小壷と、2枚の小皿。
どれも明朝(1600年代)のもので、ゆうに400年前の陶器です。

400年前、なんてびっくりしてしまうけど、
お値段はなんてこともない、2000yenくらいから。

値切って値切って、「もう原価割れしてますよ」なーんてぼやかれながら
全部で15000yenくらいのお買い物。
400年前の中国人が、どんなふうにこれらの可愛い小物たちを
使っていたのかしらと想像をめぐらしながら、
大満足して帰宅しました。

1つめ、犬の絵柄の小壷。
4センチくらいのミニミニサイズで可愛いです。

e0018777_2372170.jpg
















犬のものよりすこーし大きめ、5センチくらいの高さの小壷。
こちらは鳥の絵です。下手な絵ですね。まさに雑器。
でもちょっととぼけていて可愛らしい。

e0018777_2393545.jpg















ぽってりしていて、釉があつくて、
なんとも言えず素朴な小壷。こちらが6−7センチくらい?

e0018777_231256.jpg
















すこーしピンクがかった釉薬の小皿。お醤油小皿くらいのサイズです。
土は茶色っぽいもの。何の絵かな?植物?

e0018777_23142276.jpg
















これもお醤油皿サイズの小皿。
薄いブルーの釉薬を気に入って購入。これが一番お値段が高かったかな?
とはいえ、まぁ本当にがらくたですね^^
こんな、がらくたばっかりよく買うなぁと自分でも呆れてしまうけど、
いつかは目が肥えて、いいものが欲しくなるのかな?
ま、たぶん無理かもね。

e0018777_2317019.jpg
















それにしても、いつかは初期伊万里が欲しいのです。
あたたかみのある黄色みがかった白い陶器の肌、
すこし歪んだフォルム、素朴な絵柄がなんともいえずたまらない。
プリミティブでのびのびした魅力を感じます。
でもいまとても人気があって、高価です。
可愛らしい小皿1枚で38万円とかするんだもの!
シンプルなウサギの絵柄の初期伊万里に惹かれて、
お値段をたずねたら「150万円です」と言われました。。。。。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2007-01-15 23:19 | 食器たち

ランジェリーフリーク(最近さぼりぎみ)なusagiのブログです。綺麗なものに目がなくて、自然なものもすき。飼いねこバニラを溺愛しています。最近はカラダのお手入れに凝っています。
by kawaiicheeky2004
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧