マニュエル・ルグリの「ジゼル」2008年9月12日公演

e0018777_22292037.jpg

何度となく観た、東京バレエ団のジゼル・・・。
斎藤友佳理さんのユカリューシャ公演、マラーホフで2回。
4回目になるのかな。その4回とも、ヒラリオンは木村さん(笑)。
今回のアルブレヒトは、大好きなルグリ先生です。

―主な配役―
ジゼル:斎藤友佳理
アルブレヒト:マニュエル・ルグリ
ヒラリオン:木村和夫

―第1幕―
バチルド姫:井脇幸江
公爵:後藤晴雄
ウィルフリード:野辺誠治
ジゼルの母:橘静子
ベザントの踊り(パ・ド・ユイット):西村真由美-横内国弘、乾友子‐宮本祐宜
阪井麻美-梅澤紘貴、河合眞里-小笠原亮
ジゼルの友人(パ・ド・シス):高木綾、奈良春夏、田中結子、
吉川留衣、矢島まい、渡辺理恵

―第2幕―
ミルタ:高木綾
ドゥ・ウィリ:奈良春夏-田中結子

今回、ど真ん中の2列目、という「かぶりつき席」が好きなわたしにとっては
最高のお席だったのです。
でも、会社を出るのが遅れ、さらになぜか
「東京文化会館」だと思い込み。。。。。
チケットのもぎりのお姉さんに指摘され、がーん!ってなって
一路五反田のゆうぽうとへ。。。。こんなの、初めてです。
結局、大幅な遅刻で1幕を全部見られず、という間抜けなことになりました。
悔しかったです〜。><
でもいいの。。ジゼルの見所は2幕だから。(←強がり。)

ルグリのアルブレヒトは、ノーブルでしなやかで、情熱的で
ため息が出るほど素晴らしかった。
斉藤さんのジゼルは、情感が籠った練り上げられた役づくり。
かぶりつきで見ていたせいか、表情の細かい部分まで読み取れ、
マイムのひとつひとつが胸に迫って、泣いてしまうほどでした。

でも、やはりテクニックは厳しい。。。
ジゼル2幕で最も美しいパドドゥ、中でもジゼルが
デヴェロッペしてアラスゴンドに足を高く上げる動き。
そのまま、アラベスク・・・・のポーズ、
まったく足が上がらず、ぎくしゃくしていて。
斉藤さんのダンサーとしての老いを感じてしまい、寂しかった。

バレエは、練られた演技・豊かな情感は若いダンサーには出せず、
熟練したダンサーにはテクニックの老いがあり・・・。
ベストな状態のダンサーを観られるということは、
瞬間、瞬間の希有なことであることを改めて感じました。

次回のバレエ鑑賞は11月。
シュツットガルドバレエ団の「オネーギン」と「眠りの森の美女」です。
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-09-20 22:44 | バレエ

ランジェリーフリーク(最近さぼりぎみ)なusagiのブログです。綺麗なものに目がなくて、自然なものもすき。飼いねこバニラを溺愛しています。最近はカラダのお手入れに凝っています。
by kawaiicheeky2004
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧