ミシュラン3つ星・白金台カンテサンス

何ヶ月も前から予約して、訪れる日を待っていました。
カンテサンスにお出かけしてきました。
10月のダイヤの会。
そう、もう1ヶ月も前、10月10日のことです。

友人と待ち合わせて渋谷から車で白金台へ。
少し時間が早かったので、ジュリークの路面店でお買い物。
「これからどこにお出かけですか?」って聞かれたので、
友人が「カンテサンスへ」って言うと、スタッフがきゃーーーっと悲鳴。
「よく予約が取れましたね!?」
「電話すらつながらないって聞きますけど!」って大興奮。
そのくらい人気の、いままさに旬のフレンチレストランです。

黒を基調にした落ち着いたインテリア。
大人ばかりの空間。そのなかに、若いカップルがおめかしして
華を添えています。少し緊張気味かな?お祝いかな?ってかんじ。
わたしたちはいかにも「食べ歩きです」ってかんじの女性4人。
スタッフがとってもとーーってもフレンドリー。
全然緊張せず、ゆったりリラックスして過ごせました。

e0018777_21493060.jpg

ショウプレートは、大理石のお皿。
カンテサンスの文字が彫ってあります。

e0018777_21533729.jpg

メニューはこちら。「白紙のメニュー」。

e0018777_21543459.jpg

そう、お料理はおまかせの1コースのみなの。
わたし、おまかせコース大好きです。
なにが出てくるのか、わくわくするから。

e0018777_21555557.jpg

アミューズはなんだったかなぁ。松茸。。とフォラグラ?

e0018777_21581869.jpg

サツマイモのスープと、たぶん甘くないスイートポテト。たぶん、、。
やっぱりレポートは記憶が新しいうちに書かなくちゃだめですね。。。

e0018777_21593228.jpg

オリーブオイルを味わうオードブル。
山羊のフレッシュチーズのババロワに、
マカダミアナッツと百合根のスライスを添えて。
鮮烈なオリーブオイルの風味に、大感激。

e0018777_2205932.jpg

獅子唐芥子のファルシ。スッポンのソース。

e0018777_2222570.jpg

これ、可愛いでしょ。
ホタテ貝だったと思う。焼き菓子の上に乗っているの。
台が少し甘くて、ハーブとホタテは薄い塩味。不思議なとりあわせ。

e0018777_2234953.jpg

全く覚えていないわ。これなにかなぁ?

e0018777_22143474.jpg

お魚のソテー。鰆だったような。
ソースは苦みのある秋刀魚の肝のお味。
とっても美味しかった。

e0018777_22163780.jpg

窒息鴨のロースト。窒息させた鴨。
可哀想だけど、ものすごく美味だったことだけ記憶。
しっとりと焼き上がっていて、火入れが絶品!

e0018777_22181355.jpg

うーん、これに至っては、食べた記憶すらないです。

e0018777_2219246.jpg

ラムレーズンのグラニテ、、、だったような。

e0018777_2221488.jpg

オリーブオイルのデザートなの。なんだったかなぁ?

e0018777_22221691.jpg

チョコレートケーキ?ではなく、キャラメル風味のギモーヴ。
ソースはラズベリー?ではなく、薔薇の香りのハチミツ。

e0018777_22231126.jpg

お塩のソルベ。すこししょっぱくて、甘くて。塩キャラメルみたいなお味。
とっても繊細で美味しかった。

こんなにお料理を忘れまくっていて、あまり説得力はないのですが、
でもすべてのお皿が、繊細で新鮮で、本当に本当に美味しかった!
さすが3つ星。シェフの確かな力量を思い存分味わえました。

食事を終えて、すぐに次回の予約を取ってしまったほど。
それでも、すでにキャンセル待ち!
12月上旬に、再度訪問できたらいいのですが。

シャンパンで始めて、白、赤とワインをいただいて2.5万円ほど。
少しお値段はしますが、記念日のお席にはぴったりだと思います。
大満足の一夜でした。でもほんとうに予約が取れないの!
[PR]



by kawaiicheeky2004 | 2008-11-10 21:51 | 美味しいもの

ランジェリーフリーク(最近さぼりぎみ)なusagiのブログです。綺麗なものに目がなくて、自然なものもすき。飼いねこバニラを溺愛しています。最近はカラダのお手入れに凝っています。
by kawaiicheeky2004
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン

ブログジャンル

画像一覧